So-net無料ブログ作成

7/8 金沢~穴水間 鉄道乗車記(4)

7/8の乗り鉄の話、続きいってみよか。
前記事は、のと鉄道の穴水駅到着したとこで終わってたはず。

穴水駅の探索いう事で、まずは穴水駅の駅舎。
DSCF4627.JPG
DSCF4635.JPG

券売機と運賃表。穴水から金沢まで片道2,090円いう事考えたら、
北陸トライアングルルートきっぷ(2,500円で2日間、乗降自由)が
いかにお得か分かる思うわ。
DSCF8065.JPG
DSCF4707.JPG

隣接して、穴水町の物産館ある。
DSCF4625.JPG

高速バスや、路線バスも発着しとう。
S0604651.JPG
S0654715.JPG

なお穴水町は、大相撲・遠藤関の出身地。
顔ハメのパネルもあった。
DSCF4611.JPG
DSCF4609.JPG

なお顔ハメ、穴水駅構内にもあったな。
DSCF4603.JPG

さて、穴水駅の0番ホームに、パノラマカーが展示されとうとの事。
案内表示もあんので、見てみる事に。
DSCF4731.JPG
DSCF4733.JPG

これは・・・保存状態ひどすぎるな。
DSCF4672.JPG
DSCF4573.JPG
S0584587.JPG
DSCF4575.JPG

この車両は、まだましか。
DSCF4581.JPG

布かかっとうけど、これはもう手遅れ(?)。
DSCF4589.JPG

碓氷峠鉄道文化むらでの展示前は、横川駅のホームに留置され続けとった
痛々しい189系の姿思い出して、悲しい気持ちなってもた。
これは、ちゃんとした保存方法考えてほしい思たね。

まあそれは、別の機会あったら書くとして、穴水駅構内の様子も
も少し載しとくか。
DSCF4735.JPG
DSCF8066.JPG
DSCF4749.JPG

いろいろ撮っとううち、あっという間に穴水出発の時間。

17時23分発の列車で、七尾まで。
2両編成、後ろのはアニメーション(名前知らん)のラッピング車両。
S0624687.JPG
DSCF4680.JPG

普通車両やから、途中の観光スポット停車とかは一切あれへんかった。

18時05分に、七尾到着。駅名標(上)と駅舎(下)撮っといた。
DSCF5001.JPG
DSCF5038.JPG

次は、七尾発18時54分の普通列車。
6両あんねんけど、前3両はUFOのラッピング列車(?)。
S0065102.JPG
DSCF5087.JPG
DSCF5119.JPG
DSCF5117.JPG

「UFOのまち羽咋(はくい)号」とは、またおもろいラッピング考えたもんやな。
もっともこのイラスト、見とったら癒されるけど(笑)。

この列車で、そのまま金沢まで乗ってもよかったけど、先述のフリーきっぷ
持っとうんで、有効利用の意味で、下記の2駅で乗り降りした。

高松駅。いうても、四国にワープしたんちゃうで(笑)。
同じ名前のが、この七尾線内にもあんので、記録の意味で乗降。
DSCF5131.JPG
DSCF5127.JPG

七尾行きの列車来たんで、2つ戻って宝達(ほうだつ)いう駅も。
DSCF5149.JPG
DSCF5151.JPG

そして、宝達から金沢まで乗車。金沢到着が21時03分。
S0105166.JPG

到着遅なってもたんで、駅ん中の店で夕食。
いうても21時では、もうやってへん店も多いんで、昨年12月の富山同様、
ここへ。しかも、同じメニューで(笑)。
S0155200.JPG
S0308292.JPG

という、7/8は午後からの乗り鉄の話やった。
往路は観光列車、復路は普通の列車で変化つけたし、楽しめたんちゃうか。

以上4回に分け、金沢遠征の初日(7/8)乗り鉄した話終わり。
nice!(77)  コメント(22)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

7/8 金沢~穴水間 鉄道乗車記(3)

では7/8の乗り鉄の話、続きいこか。

和倉温泉~穴水の区間は、のと鉄道。
「花嫁のれん」号同様、観光列車乗車する事に。

七尾からやって来た観光列車、名前は「のと里山里海」号(55号)。
S0074082.JPG

駅停車直後と、ヘッドマーク拡大のも。
S0094098.JPG
DSCF8028.JPG

うまく撮られへんかったけど、花嫁のれん号との並んだとこ。
S0084092.JPG

なお、のと里山里海号は2両編成、土日祝や指定日は「ゆったりコース」
いうて、全席指定やねんけど、平日は「カジュアルコース」いうて、
観光車両は1両(もう1両連結時は、一般車両)で、全席自由。

もちろん観光車両に乗車し、整理券いうて300円払た。
S0048404.JPG

そして15時45分、和倉温泉駅出発。

今回の観光車両は、オレンジのシートなんで、里山車両いう。
ちなみに、里海車両いうもあって、それはブルーのシート。
何枚か載しとくか。
DSCF4099.JPG
DSCF4441.JPG
DSCF4437.JPG

販売カウンターもあるけど、この状況やと営業せえへんやろ思とったら、
この後一時的に開けてくれて、グッズ買えた(笑)。
DSCF4138.JPG

なお余談やけど、こん時観光用の車両乗っとったんは、自分一人。
そやから、観光用車両は“貸し切り状態”やった(笑)。
まあ、これやったら、チケット争奪戦なんかホンマ無関係やね。
あと、一般車両もほとんど乗ってへんかったけどな。

かぶりつきから見た、景色の一部。
S0124143.JPG
S0434429.JPG

途中、能登中島いう駅に10分間停車。
DSCF4215.JPG
DSCF4233.JPG

この駅には、鉄道郵便車「オユ10」が静態保存されとう。
DSCF4217.JPG
DSCF4203.JPG
DSCF4227.JPG

中見られるんかどうか分かれへんかったけど、見る事でけた。
ちょい慌ただしかったけど、一部載しとこか。
DSCF4247.JPG
DSCF4263.JPG
DSCF4251.JPG
DSCF4257.JPG

ちなみに郵便車、元は同鉄道の甲(かぶと)いう駅にあったんやけど、
その駅ある路線が廃止なったんで、ここに移ってきたいうわけ。

その後、観光スポットにも何ヶ所か停車。
S0284314.JPG
S0414420.JPG
S0494485.JPG

どこの駅やったか忘れたけど、ラッピング列車との待ち合わせも。
S0464454.JPG

終点の穴水の前にあるトンネルでは、イルミネーションも。
見にくい思うけど、動画撮っといた。よう見ると、文字が出てきとう。


という事で、16時35分に終点、穴水駅到着。
50分の乗車やったけど、こちらも十分に楽しめた思う。
DSCF4543.JPG

さて、のと鉄道にも観光用車両にはアテンダントも乗務しとう。
もちろん、撮りながら話もでき、いろいろ交流さしてもうた。

いう事で、まずは和倉温泉駅から乗った時おった2人。
DSCF4107.JPG
DSCF4111.JPG

2人揃たのも。
DSCF8031.JPG

んで、次の田鶴浜(たつるはま)いう駅で、1人が業務終了。
こういう感じで手え振って、ほのぼのとしとってええわ(笑)。
S0104127.JPG
S0114134.JPG

残った一人、こういう感じで観光ガイドしとった。
まあ言うてみれば、自分だけに案内してくれたようなもんやね。
先述の郵便車の車内も、案内してもうたし。
DSCF8033.JPG

そして、穴水到着後、ホームおったこの人もアテンダントやいうて、
車内で案内してくれたアテンダントに教えてもうたんで、撮った。
DSCF8032.JPG

車内のと同じく、2人揃たのも。
DSCF8030.JPG

という事で、のと鉄道のアテンダントの皆さんお疲れさんでした。

さて、これにてJR七尾線とのと鉄道乗った事により、石川県内の
鉄道路線は全て乗車でけた(IRいしかわ鉄道については、JR時代に
乗車しとう区間なんで、「自分ルール」で乗車した事にしとう)。
ともかく、また乗りつぶし路線が増えて、よかったんちゃうか。

あと、今回の記念乗車証。
花嫁のれんのは、前記事で載せんの忘れたんで、並べて載してみた。
スタンプ面は載せへんので、乗車して押して下さい(笑)。
S0022132.JPG

さて、穴水駅からは同じ路線乗っての折り返しなる。
列車の出発までには時間あんので、駅の内外探索する事に。

以上、長々書いてしんどなったんで(笑)、続きは改めて。
という事で、今記事終わり。
nice!(75)  コメント(24)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

7/8 金沢~穴水間 鉄道乗車記(2)

では、前記事の続き。
観光列車「花嫁のれん」の取材開始するとこやったな。

その前に、花嫁のれんについての説明も載しとくか(Wikiより一部抜粋)。

“花嫁のれんとは、娘の幸せを願って嫁ぎ先に渡される嫁入り道具の一つ。
婚礼当日に花嫁は、嫁ぎ先に提げられた、こののれんをくぐり嫁入りする。
昔の加賀藩(加賀・能登・越中)の伝統文化との事。”

という事で、説明は以上。
これからが本題やけど、なるほど、伝統文化やったんやな。

まずは花嫁のれん号、列車の外観から。
使用車両は、キハ48系のディーゼルカー。これは“大先生”のデザインやない。
S0033598.JPG
S0043605.JPG
S0113775.JPG
S0063631.JPG

車両の記号。金沢支社の「金」、富山の電報略号「トヤ」組み合しとう。
あと定員、1号車24人で2号車は28人の、計52人。
そらま、チケット争奪戦にもなるわな(笑)。
DSCF3801.JPG
DSCF3807.JPG

次に、車両内部。
そんなに細かに書かへんので、気になるとこ等あったら、チケット争奪戦に
“勝利”して、乗って確認下さい(笑)。

まずは1号車。通路と売店、伝統工芸展示しとう棚。
DSCF3653.JPG
DSCF3703.JPG
DSCF3707.JPG

半個室は8つあんねんけど、うち2つだけ載しとくか。
DSCF3669.JPG
DSCF3671.JPG

2号車。
ボックス席中心やけど、一人席もちゃんと用意されとう。
DSCF3685.JPG
DSCF3651.JPG
DSCF3649.JPG
DSCF3745.JPG

イベントスペースもあって、この日(平日)は何もやれへんかったけど、
土日祝の運転では、いろいろパフォーマンスやっとうみたい。
DSCF3645.JPG

で、14時前くらいなったら、ホームにのれんが飾られた。
S0093752.JPG

その間にも、乗客が乗り始め、いろいろ写真撮りまくっとったな。
こうなる前に、早よ来といてよかったかも。

そして14時15分、金沢出発。
東金沢までの車窓の動画撮っといた、ブレまくっとうけど。


その後の車窓はあんまし撮ってへんけど、何枚か。
S0193844.JPG
S0233887.JPG
S0273930.JPG
S0014006.JPG

その他、車両内で気になった個所も何枚か。
DSCF3870.JPG
DSCF8027.JPG
DSCF4023.JPG
DSCF3897.JPG

いう事で、和倉温泉駅には15時32分着。
あっという間の1時間17分やったけど、十分に満足でけたな。

和倉温泉駅の駅舎と駅名標。駅名標は2種類あったな。
DSCF4029.JPG
DSCF4025.JPG
DSCF4043.JPG

ところで、花嫁のれん号は観光列車なんで、アテンダント乗車しとう。
自分としては当然(?)、撮らしてもうた。

3人乗っとったんで、まずは金沢駅で一人ずつ。
DSCF3639.JPG
DSCF3693.JPG
DSCF3711.JPG

カウンターおった時(上の人やな)。
DSCF3969.JPG

3人揃たのも(上が金沢出発前、下が和倉到着後)。
DSCF8025.JPG
DSCF8026.JPG

ちなみに、昨年12月の金沢駅で話でけた時は案内係やったアテンダント、
残念ながらこの日、1号・2号に乗務しとったようで、会えんかった。
まあ、それは運も必要なんでしゃあないわ(笑)。

ともかく、アテンダントのお3人さん、お疲れさんやった。
自分も、前から(いうても、運転開始は昨年10月からやけど)乗りたい
思とった花嫁のれん号、乗る事でけて楽しめたんとちゃうか。

さて今度は、和倉温泉から穴水まで、のと鉄道乗んのやけど、
和倉温泉駅での乗り換えは、対面のホーム行かなあかん。

跨線橋から撮った、花嫁のれん。
S0044053.JPG

穴水方面向かうのホームから、線路撮る。
S0054063.JPG

そして今度乗る、穴水行きの列車到着(15時39分)。
S0064071.JPG

という事で長なったんで、今記事はこれで終わりにしよか。
続きは次回以降。
nice!(82)  コメント(18)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

7/8 金沢~穴水間 鉄道乗車記(1)

さて、金沢遠征の2日目(7/9)は、MRO旅フェスタ行ってきたいう事、
前記事まで書いてきたわけやけど、1日目(7/8)は観光列車中心にした
乗り鉄してきたんで、これも何回かに分けて書こか。

今回乗ったんは、金沢~穴水間(交通新聞社の時刻表路線図より)。
DSCF9901.JPG

自分、JR七尾線(津幡~和倉温泉)、そしてのと鉄道(和倉温泉~穴水)は
まだ未乗いう事もあり、そしたら往路は観光列車で行こう思たんやけど、
問題は、観光列車の指定席取れるかどうかやった。
全席指定なんで、まず指定席取られへんかったら、乗車でけへんしな。

一ヶ月前と7日前に、JR西の予約サイトに前予約入れ、当日結果待ち。
ちなみに予約した列車、発売当日に席完売してまうほどの人気ぶり。
果たしてどうなるか。

そしたら、なんとか一席押さえられたんで、乗るでけた。
ちなみに、まず自分乗んのは「花嫁のれん」(3号)いう列車。
DSCF2101.JPG

実は前週(7/1)の分も、JR西のサイトで前予約しとったけど、
結果“落選”やったんで、この週は取れればええないう思いやった。
たまたま、MRO旅フェスタの開催日もこの週やったいう事で、
自分としたら、まさにええタイミングで取る事でけたんちゃうか。

そして、のと鉄道も観光列車の車両には整理券必要なんやけど、
現場購入なる。それについては後日。

今回使た乗車券は、北陸地域限定発売の、このフリーきっぷ。
「北陸トライアングルルートきっぷ」いうて、2日間有効の2,500円。
S0028392.JPG

このきっぷ、特急券や座席指定券等買えば、特急や観光列車にも乗車可。
それと、金沢~穴水間単純往復するだけで、十分に元取れてまう。
(金沢から穴水まで、片道運賃は2,090円)

さて、自分乗る花嫁のれん号、金沢発14時15分いう事で、早めに駅構内へ。
13時半頃に改札で聞いたら、もう入線しとうとの事やったし。
DSCF8023.JPG

3番・4番・5番ホームの階段とこ。
このように、もうホーム上がる前から乗る気分なるな(笑)。
DSCF3573.JPG
DSCF3585.JPG
DSCF3581.JPG

その前に、隣のホームから撮った、花嫁のれん号。
DSCF3584.JPG

そして、4番ホーム行って“取材開始”なんのやけど・・・。
前置き長なりすぎたんで次以降、今回予告編いう事で終わり(笑)。
nice!(76)  コメント(14)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

MRO旅フェスタ2016(後編:その3)

では、今記事も「MRO旅フェスタ2016」出とったご当地大使の紹介いこか。
続きなるけど、今回で完結するはず。

中部地方(いうか信越地域:新潟県・長野県)の続きからやったな。
では、始めてこか。

自分の田舎でもある、長野県。
「ミス志賀高原」のこの人は、昨年のツーリズムEXPOにも来とった。
DSCF5661.JPG
DSCF8016.JPG

ステージイベントの様子も。
そいや、このゆるキャラは何て名前か、忘れてもた(笑)。
DSCF8019.JPG


関東地区は、神奈川と群馬の両県から。
まずは、神奈川県。

鎌倉市「ミス鎌倉」(上)と、藤沢市「湘南江の島 海の女王」(下)。
DSCF5482.JPG
DSCF5491.JPG

2人揃たのと、ステージイベントでしゃべっとうとこも。
DSCF8015.JPG
DSCF8018.JPG

そういやあ、昨年のMROでも神奈川県、鎌倉と藤沢から来とったな。
秋の東京でのイベントで再会でけるか分からんけど、期待しとこか。

群馬県からは、2人来とった。
まずは「ぐんまコンシェルジュ」。
DSCF5861.JPG

この人は、ぐんまちゃんのお付きの人(や思うねんけど)。
DSCF6335.JPG

2人+ぐんまちゃんでの一枚も。
DSCF8017.JPG

最後は、東北・北海道地方。いうても北海道は来てへんので、東北のみ。
宮城と青森の両県は、これまた昨年と一緒。

宮城県からは、仙台市「せんだい・杜の都親善大使」。
DSCF6401.JPG

青森県。
まずは、青森りんごのPRレディ「ミスりんご」。
DSCF5637.JPG

も一人は、ねぶた祭りのスタッフの人(かどうかは知らんけど)。
DSCF6092.JPG


青森県のPRステージと(上:なお、仙台市のは見てへんかった)、
杜の都親善大使とミスりんごの揃た一枚(下)。
DSCF8022.JPG
DSCF5898.JPG

ところでこのイベント、昨年・今年と行って思たけど、なぜか開催地の
金沢市から、誰一人ご当地大使おれへんのは、ちょい寂しいな。
昨年は、プライベートで来とった「ミス百万石」のOGたちとは会えたけど、
今年はそれもあれへんかったんで、余計にそう感じるかもな。

それはええとして、今年のMRO旅フェスタ出とったご当地大使の紹介は、
以上で終了。大使も昨年並みの数やったけど、充実の一日やった思うね。

では、撮影さしてもうた皆さんお疲れさん、そして多忙な中ありがとう。
nice!(71)  コメント(14)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

MRO旅フェスタ2016(後編:その2)

前記事の最後の予告で、どの記事書こか思たけど、流れ重視にしよか。
いう事で続き、「MRO旅フェスタ2016」の話、ご当地大使編。

今年も昨年同様、地方のイベントにしてはそこそこ来とった感じ。
もっとも、昨年は出とった地域から来えへんかったり、その逆いうのも
あったけど、全く同じではおもろないので、それもまたええんとちゃうか。

では、始めてこか。
昨年は北の地域からの紹介やったから、今年は南からにさしてもらう。
なお、例によって・・・やから。

九州・沖縄地域は、沖縄県のみ。昨年と同じ、4市町から来とった。
沖縄県のブース自体も、広う取っとった感じやし。

まずは、県の「ミス沖縄」。
この人見んの3度目やけど、5月の関空旅博以来やったな。
DSCF6135.JPG
DSCF8007.JPG

石垣市「ミス八重山」。
関空旅博来とった人とはちゃうかったけど、ミス八重山は毎代2人やから、
これで今代の打率“10割”(=全員会うたいう事)達成でけた。
DSCF5369.JPG
DSCF5841.JPG

関空旅博ん時同様、ミス沖縄とミス八重山、2人揃たのも。
DSCF6232.JPG
DSCF6228.JPG

宮古島市「ミス宮古島」、昨年のツーリズムEXPO以来の再会。
DSCF5417.JPG
DSCF8008.JPG

久米島町「久米島紬観光レディ」。この人は、初めて会うた。
DSCF6220.JPG
DSCF8011.JPG

4人揃たのも載しとこか。
DSCF5998.JPG

四国・中国地方は、愛媛県のみやった。

松山市「松山マドンナ大使」は、翌日の大阪であったイベントにも
出とったな(そのイベントについては、後日紹介)。
DSCF5755.JPG
DSCF8012.JPG

ステージイベントでの分も。
S0186175.JPG
S0316291.JPG

近畿地方。
自分の地元である、兵庫県いうか神戸市「スマイル神戸」のみ。

神戸まつり以来やけど、今代は市外のイベントでも(姫路とか)、
よう見るな(笑)。
DSCF5465.JPG
DSCF8010.JPG
DSCF8009.JPG

ステージイベントで、しゃべっとうとこも。
S0125389.JPG
S0346374.JPG

中部地方は、信越の2県(長野と新潟)から。
新潟県は、佐渡市「佐渡たらい舟娘」。
DSCF5915.JPG
DSCF5724.JPG

おもてなし武将隊との2人揃たのも。なかなかええポーズやないの(笑)。
DSCF5922.JPG

そして、自分の田舎である長野県は・・・。

と、書いとううちにしんどなってきたんで、次回以降にする(笑)。
今記事、かなり厚めに写真載しとうしな。

以上、MRO旅フェスタの話の後編、2回目終わり。
nice!(79)  コメント(22)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

MRO旅フェスタ2016(後編:その1)

今月入って、一時期のネタ切れから脱出した感じかな。
例えれば、渇水で干上がる寸前のダムがまとまった雨降った事で、貯水率
回復するようなもんか(笑)。でも現状、関東地区はちょい心配やね。

それはともかくとして、しばらくは記事内容あちこち飛ぶ可能性あるけど、
とりあえず始めてこか。

今記事は、MRO旅フェスタの後編いう事で、出とった人たちの紹介。
1回目は、ご当地大使以外の人たち。

今回は京阪神地区からも出展あったんで、JR西日本の人も出とった。
まずは、ステージイベントでしゃべっとうとこ。

こっちやったらおなじみの、関西1デイパスの紹介しとったな。
DSCF5398.JPG

そして、この2人は個撮さしてもうた。
結構話もさしてもうたし、よかったんちゃうか。
DSCF6103.JPG
DSCF5449.JPG

北陸鉄道。
上の3人がバスガイド、下の2人は本社の人(やった思うけど)。
DSCF5561.JPG
DSCF5623.JPG

DSCF5651.JPG

航空関係で、JALとANAの客室乗務員。
やはり、2人ともご当地(石川県)出身なんで、ここ来たとの事。
DSCF5853.JPG
DSCF6084.JPG

ところで昨年同様、ステージ上でこういう場面がしばしあった。
両社とも、和気あいあいとした雰囲気が伝わってくるし。
DSCF8006.JPG
S0226206.JPG

そやから、これ見た後の行動は、もう決まり(笑)。
いう事で、他のイベントでは、そうは簡単に撮られへんこの一枚。
DSCF6325.JPG

昨年の“成功”もあったし、自分も事前に2人に根回しもしとったんで、
自分としたら、うまい事いった思うわ。

新潟県の「越後上越 上杉おもてなし武将隊」、“上杉景勝”氏だけ来とった。
この人見んの、昨年の8月以来やから、かなり久しぶり。
DSCF5475.JPG

そして、MCしとったんは、過去のイベントで2回会うてる「前田慶次郎」氏。
昨年11月の大阪以来かな。
S0025233.JPG
DSCF8005.JPG
(※2016.07.21 紹介文を一部修正しました)

この人とは、イベント終了後に再会の挨拶でけたんで、それもよかった。
ここでは載せへんけど、連れと3人で撮った一枚もええ記念なったし。

以上、MRO旅フェスタの話の後編、1回目終わり。
次記事はこの続きなるか、はたまた別内容なるかは気分次第(笑)。
nice!(81)  コメント(16)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

7/10 神戸市内で会うた人たち

では、先週末のイベント等の詳細について。
まずは、簡単に書けるもんかいらいう事で、久しぶりに会うたこの人。

7/10は、大阪駅の広場でイベントあったんやけど(後日)、ちょい早めに
切り上げ、連れの一人とJRで三ノ宮、15時過ぎ到着。

んで、この場所急ぐと、ここでパフォーマンスしとった人(真ん中付近)。
この人こそ、自分にとっては、もうおなじみの人やねんけど・・・。
DSCF7441.JPG

自分にとっては、昨年9月の京都以来なる、元は山口県のご当地大使で、
現在はミュージシャンである、kinuyoさん。
DSCF7480.JPG
S0427449.JPG

ただ、自分らが到着して数分後には、諸事情で終わってもた。
それでも、ちょこっとでも歌声聞けてよかったんちゃうか。

もちろん、撤収前に個撮もさしてもうた。
DSCF7503.JPG

チラシももうといた。
DSCF9882.JPG

実は彼女、7/9に神戸のライブハウスで、ライブやとったんやけど、
この日は自分、ライブ始まる時間(19時やったかな)は金沢おったし、
神戸戻った頃(23時過ぎ)には、とっくにライブ終わってもたんで、
日程的なもんもあるけど、行かれへんかったんが残念やったな。

ただ、この日(7/10)は神戸から帰る前に、15時から三ノ宮駅前で
パフォーマンス(路上ライブ)すると本人のSNSで知ったんで、連れとも相談し、
大阪駅の方切り上げてでも会いにこういう事で、何とか間に合うたわけ。

彼女をライブハウスで見んのは、過去記事にも書いたけど2年前に一度。
また関西でライブあった時、今度はぜひ行きたいもんやな。
これからも、頑張ってほしいもんや。



んで、も一人


nice!(72)  コメント(22)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

MRO旅フェスタ2016(前編)

では前記事で、本題入るいうて書いたけど、先に7/9~10の2日間で、
石川県産業展示館で開催された「MRO旅フェスタ」についての話しよか。
毎度の事で、人物の紹介は後回し。まずは前編として、概要からやな。
DSCF5870.JPG

昨年に続き2年連続で行ったわけやけど、今年は一日目(土曜日)のみ。
日曜日に大阪で別のイベントあったんで、それも行きたかったんでな。
その件については、また改めて。

会場の入口。
S0398372.JPG
DSCF8367.JPG

ちなみにMROいうのは、北陸放送の略称(TBS系列)。
DSCF8365.JPG

という事で、始めてこか。
いつも通り、概要いうても、会場の様子載すだけやけど。
DSCF6579.JPG
DSCF5553.JPG
DSCF5281.JPG
DSCF5571.JPG
DSCF5855.JPG
DSCF6469.JPG

ステージイベントのも。
DSCF5267.JPG
S0215687.JPG
S0436463.JPG

ところで自分、ちょい気になったんは、メインステージのパネル。
北陸のイベントやのに、なぜか「阪神電車」のイラストが(笑)。
DSCF5719.JPG

ゆるキャラも、個別ではあんまし撮ってへんけど、何体か載しとこか。
DSCF5894.JPG
DSCF5471.JPG
DSCF5570.JPG
DSCF5872.JPG
DSCF5837.JPG

ところで、今年のゲストはこういう面々。
ステージに登場する時間もあったけど、特に撮る事あれへんかった。
S0018422.JPG

まあこの日も、ファンと思しき人たちもちらほらおった。
けど、翌日は48系やから、会場内もこの日以上になっとったんちゃうか。
実際どうやったかは、別に知ったこっちゃないけど(笑)。

まあ、こんなもんでええやろ。
今年は開催すんのかどうか分かれへんかったけど、連れの一人がTV局に
事前に問い合わしたようで、結果この週にやるいうのが分かり、自分も昨年に
続き、行こういう気いなったわけ。ただ、来年行くかは分からんけど。

以上、MRO旅フェスタ行った話、前編終わり。
nice!(78)  コメント(14)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

7/8~9の遠征場所

さて、今度は先週末(7/8~9)の遠征記事書いてくとしよか。
まずは、ざっと(でもないやもしれんけど)概要で。

2日間どこ行ってきたかやけど、まずは阪急梅田のバスターミナル案内板。
DSCF8379.JPG

そして、往路はこのバス乗車。
まあ平日やったせいか、満席やなかったけど。
S0027936.JPG
S0047952.JPG

という事で、今回の遠征の目的地は、金沢含めた石川県。
8日は石川県内の鉄道乗車、9日は金沢市内でのイベントへ。

バスは3列シートなんで、今回も予約時、進行方向右っ側に陣取った。
そっから撮った分、何枚か載してみよか。

名神の吹田インターから乗る前の、中央環状線走行中の車内から見た、
エキスポシティの観覧車と大阪モノレール。コラボでけてよかった。
DSCF8381.JPG

名神の大山崎インターから先、東海道新幹線との並走区間。
こちらは残念ながら、撮った時新幹線は来えへんかった。
S0078055.JPG

なお、金沢行くまでに、2回休憩あり(それぞれ、約10分間)。
1回目は、多賀サービスエリア。
DSCF8089.JPG

昨年12月乗った、松本行きのバスもここで休憩(写真左)。
この日のバス会社、4年前も平日乗車やったけど、アルピコやったな。
DSCF8094.JPG

米原ジャンクションで、名神から北陸道へと進む。
S0128104.JPG
S0138115.JPG

2回目は、北鯖江パーキングエリア。
DSCF8127.JPG

昨年も載したけど、停留所の案内(図は昨年とちゃうけど)。
ほとんどの人が、金沢駅前で下車しとったな。
DSCF8377.JPG

という事で、梅田の新御堂筋や金沢周辺の道路が混み合うてたせいか、
10分ほど遅れて到着。まあ、1時間の遅れやなかったからええけど。

金沢来たら毎回撮っとう、駅前の鼓門。
DSCF3551.JPG

昨年来た時と、垂れ幕のフレーズ変わっとった。
DSCF5212.JPG

けど、この表現ではインパクトあれへん感じする。
昨年のような感じで、“金沢来るなら、晴れか曇りか雨か雪の日が
いいと思います”にでもしたらええんとちゃうの(笑)。

まあ、それは置いといて、金沢駅から乗り鉄始めるけど・・・。
詳細は後日。まずは“予告編”としての一枚。
DSCF3589.JPG

というのが7/8の話で、7/9は石川県産業展示館へ。
昨年も行った、MRO旅フェスタいう、北陸放送(MRO)主催の旅イベント。
2年連続2回目で、昨年は土日とも行ったけど、今年は土曜のみ。

これも詳細は後日で、予告編の一枚(そんなんばっかりやな)。
DSCF7515.JPG

昨年は路線バスでえらい目遭うたけど、今年はそうでもなかった。
皆が注目するイベント、特にあれへんかったからやもしれんけど。

という事で、連れたちと金沢駅戻り、ここで食事しよういう事なり、
駅前の店入って、ハントンライスいうの注文(セットメニューで)。
DSCF6596.JPG
S0576598.JPG

メインのだけ、拡大してみた。
S0586607.JPG

まあ、以前長崎で食べたトルコライスとよう似た感じやけど、
量的には少ない感じしたな。
まあ、また金沢行った際にでも、別の店探してみよ思う。

という事で、金沢からの帰りは特急「サンダーバード」で大阪まで。
S0646654.JPG
S0666662.JPG

例のごとく(?)、JR西のe5489でのグリーン車予約しとった。
何度も書くけど、3日前までに予約しとったら、指定席の通常料金よりも
安う買えるしな。
DSCF9840.JPG

なお、乗車券は昨年と同じ買い方したんで、過去記事参照。

大阪着後、新快速乗って三ノ宮到着。
地下鉄乗り換えて、うち戻ってきたいう二日間やった。

昨夏の金沢遠征は、イベントのみで終わってもたけど、今年はプラス、
乗り鉄もそれなりにでけたんで、満足の内容やったわ。

以上金沢行った話、まずは“予告編”いう形での紹介、終わり。
“本題”はこれからいう事で、お楽しみに(?)。
nice!(75)  コメント(22)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog